みらいえ保育園

【home】の保育

みらいえ保育園

【home】の保育

アクセス
お問い合わせ

お知らせ

みらいえ保育園の保育

 これはネフスピールという積み木で(スマホの方は画面下です)、三角みたいな四角みたいな変わった「形」をしています。写真は「高く」「積む」べく「頑張っている」3歳の女の子。低く積めば倒れませんがそれじゃつまらない。「手指の器用さ」が問われます。今何段でしょう。もしかすると「数え」ながら積んでいるかもしれません。もっと高くなったらきっと「つまさきだち」になって「バランスを取りながら」頑張るはずです。思い通り積めたら「達成感(自己有能感)」を感じるでしょうし、いずれは倒れて「悔しい」思いで泣いてしまうかもしれません。でもそこから「立ち直って(感情を調整して)」また遊ぶ。この積み木「色」もさまざまですから赤→青→黄と「順序(ルール)立て」て積んでも楽しいし、赤だけ集めて横に並べて消防車とかこまち号に「見立てる」子もいるはず(特に男子)。黄色いのだけままごとコーナーに持って行かれてたまご焼きになるかもしれません。別にいいですよ他のおもちゃと混ぜたって。ところでそのたまご焼きはどんな「味」?え「酸っぱい」の…? そっか酸っぱいのか…そうね酸っぱいね。おいしいね。
 子どもはこんな何気ない遊びに心底夢中になって、遊びの中で(上でカギカッコで示したようなことを)考えたり、学んだり、挑んだりと心身の発達を遂げていきます。保育園が小学校と違うのは、与えられた課題からではなく「遊びから学びや育ちが生まれる」ということ。みらいえ保育園の保育は、遊び中心ののびのびとした生活が中心です。子どもが楽しく思い切り遊ぶために必要なことは、子どもが、自分でやりたいことを選び決められること。そのために、私たちは遊びのメニューを豊かにすることに力を注いでいます。目指すは遊園地。毎日遊園地に行けたら誰だって楽しいと思いませんか?もちろん、そこにはたくさんの友だち、やさしい先生もいます。家よりも段違いに山盛りの遊びの中から、好きなものを自分で選び、自分の好きなように、好きなだけ遊ぶ。そして遊びの中で人と触れ合い、心を通わせていく。こんな毎日を通して子どもたちが育ち、学び、個性を伸ばしてくれたらと思います。毎日一緒に過ごしているからこそ分かる子どもたちの成長の姿を捉えて、それに合わせた最高の遊園地を作っていくことが私たち保育園のせんせいの仕事です。たくさん遊ぶ、食べる、寝る、またたくさん遊ぶ。こんな毎日を通して、お子さまの成長・発達を応援できればと思います。

遊ぶ子供