みらいえ保育園

【home】の保育

みらいえ保育園

【home】の保育

アクセス
お問い合わせ

お知らせ

みらいえ保育園の保育

これはネフスピールという積み木で(スマホの方は画面下です)、三角みたいな四角みたいな変わった「形」をしています。写真は「高く」「積む」べく「挑んでいる」3歳の女の子。低く積めば倒れませんがきっとそれじゃつまらない。「手指の器用さ」を発揮しないといけません。今何段かな、と「数え」ながら積んでいるかもしれません。もっと高くなったらきっと「つまさきだち」になって「バランスを取りながら」頑張るはずです。思い通り積めたら「達成感(自己有能感)」を感じるでしょうし、いずれは倒れて「悔しい」思いで泣いてしまうかもしれません。でもたぶんそこから「立ち直って(感情を調整して)」また遊ぶ。この積み木「色」もさまざまですから赤→青→黄と「順序やルール」を自分で考えて積んでも楽しいし、赤だけ集めて横に並べて消防車とかこまち号に「見立てる」子もいるはず(特に男子)。黄色いのだけままごとコーナーに持って行かれてたまご焼きになるかもしれません。別にいいですよ他のおもちゃと混ぜたって。ところでそのたまご焼きはどんな「味」?え「酸っぱい」の…? そっか酸っぱいのか…そうね酸っぱいね。おいしいね。うんうん。
子どもはこんな何気ない遊びに心底夢中になって、遊びの中で(上でカギカッコで示したようなことを)考え、挑み、失敗し、試行錯誤から気付いて学び、心身の発達を遂げていきます。保育園が小学校と違うのは、決められた課題からではなく、遊びを通して学びや育ちが生まれること。みらいえ保育園の保育は、遊びを軸としたのびのびとした生活が中心です。子どもが楽しく思い切り遊ぶためには、遊びのメニューが盛りだくさんで、そこから子どもが自分自身でやりたいことを選び、決められることが必要になります。ですので、私たちは遊びのメニューを全力で豊かにすることに全力投球しています。目指すは遊園地。次は何に乗ろう…次の次はどうしよう…次の次の次は…毎日遊園地に行けたら誰だって楽しいと思いませんか?もちろん、保育園ですからたくさんの友だち、やさしい先生たちも一緒。子どもは1人より大勢の方が楽しいに決まってます。

家よりも段違いに山盛りの遊びの中から、好きなものを自分で選び、自分の好きなように、好きなだけ遊ぶ。人と触れ合い心を通わせる。こんな毎日を通して子どもたちが学び、育ち、個性を伸ばしてくれたらと思います。毎日一緒に過ごすからこそ分かる子どもたちの姿を捉えて、それに合わせた「最高の遊園地」を作っていくことが私たち保育園の仕事。目一杯遊ぶ、食べる、寝る、また遊ぶ。こんなごくごく普通な毎日を通して、お子さまの成長、発達を応援できればと思います。
 
 

<より詳しい内容はこちら(リンク)をどうぞ>
みらいえ保育園の保育
園のしおり(抜粋)
 ※しおりの記載内容は園により多少異なることがあります。

遊ぶ子供