代表よりみなさまへ

数ある保育園の中から、わざわざ私たちのみらいえ保育園のページをクリックしていただき、ありがとうございます。
 
今このページをご覧いただいているのは転職をお考えの方かと思いますが、保育園というのは外からは実態が見えにくい場所でもあり、その選択は悩ましい問題です。
 
ということで、こちらで当園の特徴というか、目指すところをご紹介させていただきます。それではどうぞ(やや長いです)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.基本はのびのび自由遊び
子どもが自ら環境に働きかけ、遊んでいく。そのお膳立てを保育者が意図を持って誘導的に行い、遊びを通して子どもの育ちや学びにつなげていく。これが当園の保育の基本です。基本はのびのび自由遊び、ってなんだかラップ調です。
 
子どもにとっての自由遊びの意義は何でしょうか。私は、子どもが自分らしくのびのびと幸せに生きること、そして子どもが生まれながらに持っている可能性や能力を自由な遊びの中で発揮して自ら伸ばしていくことかと思います。
 
では、保育者にとっての自由遊びの意義は何でしょうか。これは、子どもをほったらかしておけばいいので楽ということに尽きます。時代は「働き方改革」です。
 
んなわけないです。ウソです。保育では、子どもが遊びを通して5領域にわたるさまざまな経験ができるよう、意図に基づく誘発的環境を巧みに構成することが求められます。意図がないとか環境構成が適当とかではそれこそただのほったらかしにしかなりません。子どもの姿を踏まえ、環境から子どもの自己決定を引き出し、遊びに向かわせる。これは私事の子育てとは異なる専門領域であり(保育者自身に子どもがいるかどうかは関係なく)、楽どころかむしろ難しく大変ですが、この大変さ、つまり保育者の専門性の発揮の先に、子どもが楽しく遊びまくる姿、学び、育つ姿があるわけで、こんな子どもを姿を見られることこそ、保育という仕事のやりがいではないかなと思います。
 
 
2.たくさん外遊び
戸外で思い切り遊ぶことは乳幼児にとって不可欠の領域横断的な活動ですが、とりわけ健康な体作り、体力・運動能力の向上に重要であり、また認知的スキル・社会情動的スキル等の発達も促すとされます。しかしながら近年(といっても4~50年くらい前からの話ですが)子どもを取り巻く環境は子どもから外遊びの機会を奪っており、その結果の一つとして体力・運動能力の低下という問題が表面化しているのも事実です。子どものケガも運動能力の低さの表れの一つとも考えられます。
一方、保育園では子どもにケガをさせないことが求められますから、その最も確実な方法を突き詰めると「ケガする可能性が少しでもある遊びは一切やらせない」ということになります。が、これはいささか短絡で、身体を動かさなければ運動能力は高まりませんから、逆にケガをしやすい子どもやひ弱な子どもを生み出しかねず、また運動発達に限らない子どもたちの育ちの機会を奪うことにもなりかねません。
発育発達の著しい、生涯にわたる健康や心身の基礎が形成される乳幼児期において「ケガしかねない外遊びなんてそんなにしなくていいじゃない」という理屈は通りにくいように思います。
 
遊び全体の中に外遊びの意義・重要性しっかりと位置づけ、その機会をできるだけたくさん設けるというのが当園の保育方針の大きな柱です。特に運動発達の面では、運動能力を構成する巧みさ、粘り強さ、力強さのうち、乳幼児期は巧みさを身に付ける敏感期ですから、そのことを念頭にさまざまな遊びの工夫を行っています。もっとも、園では遊びを楽しみその結果として全般的な運動の巧みさを身に付けることを目指していますのでやることは基本自由遊びです。
 
ということで、外遊び時間が長く疲れますので、そのつもりでお越しください。紫外線対策及びお肌のケアは皆さま各自で適宜していただくことになりますが、子どもだけでなくご自身の健康増進、長生きにもいいです。いや本当に。
 
 
3.とにかく優しく、温かく
順序が逆ですみません。私はこの3点目をなにより、一番に大切にしたいと思います。
保育園がなすべきの最大の仕事とは、小さな子どもたちに「先生大好き」と思ってもらうこと、つまり温かく優しい、受容的で応答的な関わりを通して、園が安心できる場だと確信してもらうことだと思います。ですので、保育の基盤にはわれわれ保育者の揺るぎない優しさと子ども最優先の姿勢が不可欠になります。
小さな子どもはどういう訳か大人の愛情深さや応答性の度合いを察知する高い能力を持っています。これらに優れた保育者だと、子どもは初めて会ったその瞬間から近寄って行くし、なんなら初対面なのに膝に乗ったりします。逆に優れてないと(略) こういった子どもの「大人の優しさセンサ」の超敏感さは未だに不思議でなりませんが、生存本能の一つなのかなと思えば個人的には合点が行きます(根拠はありませんけど)。
 
保育では子どもの心持ちや興味関心が最大限に尊重されなければなりません。保育者が大人の権力性を行使して(子どもの意に反して)子どもを動かすことはしたくありません。要は口うるさくしないこと。生まれてわずか数年の小さな子どもに「あーしなさいこーしなさい」「□□しちゃいけません」「早く○○○」といった指導ばっかでは子どももイヤになるはずですし、そもそもわれわれはこういったことを保護者の方々から求められていないように思います。それに、こういうのは小学生以降(たぶん生涯にわたり)多かれ少なかれどっかの誰かから常態的に言われるようになりますから、人生最初の6年くらい優しい大人に囲まれて好きなように楽しく過ごせばいいじゃない、と思います。正直なところ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
まとめますと、保育所保育指針にしたがってきちんと丁寧に保育をするということが当園の目指すところです。
 
子どもにとってごく普通で自然な生活、楽しい遊びが山盛りの毎日にしたいと思います。そんな日々の中でしっかりと子どもを見る。しっかり見るから相応しい関わりや環境構成ができる。
 
こうすることで、子どもたちは澄んだ目を一段と輝かせて躍動的に遊び、大人顔負けの真剣さで没頭し、そして、楽しい時はいつまでも笑い、何かを成し遂げたときは達成感や充実感を満面に表し、時に涙とともに葛藤も経験しつつ、友だちやわれわれ保育者と心を通わせ、学び、育っていきます。みらいえ保育園がそんな時間を過ごせる場所であれればと思います。

 
やらせる、教え込む、躾ける、がんばらせる、といった保育ではなく、子どもにとって居心地の良い保育。子どもの意思を尊重し、子ども自ら環境に働きかけ遊べるようこっそりかつ大胆に仕掛ける保育。そしてたくさんの遊びを通して子どもたちが学び、育っていく保育。こういう至って普通な保育をしたい方は、是非みらいえ保育園にお越しください。
こんな保育のあり方に賛同し集まった最高に素敵な先生たちが、皆さまをお待ちしています。

 
株式会社みらい開発研究所
代表取締役 宮尾一宏
会社概要